読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

本当は低能だけど周りに低能だと気付かせない処世術

f:id:wakahage_diary:20170430174931p:plain

 

クラスに1人はいる運動も勉強もできない残念なヤツ。

何を隠そうわたくし西野はその残念なヤツです。

 

24年間、低能人間として身につけたスキルがあります。

それが周囲に自分が低能だと悟られない技術です。

 

 

横文字を多用する

ブルーオーシャン、イニシアチブ、オッパッピー

 

あらっ、不思議。

カタカナを多用することであたかもスペックが高いように見えてしまいます。

 

私が予想するにカタカナ言葉を好きこのんで多用する意識高い系の人たちの1/3は低能な人がいます。

 

私も自分のスペックの低さに気付かれそうになったとき横文字を多用することでしのいできました。

 

Macのパソコンを使う

今では意識高い系の人たちの間で定番となったスタバでMac

Macを使っていればそれだけでお洒落、クリエイティブ。

 

Appleのイメージ戦略にのっかることで自分の低能を隠すことができます。

ジョブズはきっと低能の人たちに使ってもらうためにMacを開発したのでしょう。。。

 

とりあえず「忙しい」都言う

忙しい=有能

 

この方程式が成り立つ現代社会ではとりあえず「忙しい」と言うだけで自分が有能だと周りに思わせることができます。

 

「忙しい」とい言葉は仕事ができるというイメージを脳内にうえつけ。

女子からの高評価も得ることができます。

 

しかしあまりにも「忙しい」とアピールしすぎると周りからウザがられるのでほどほどに、、、