読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

新卒入社した会社でクーデターを起こし半年で退社した話

f:id:wakahage_diary:20170514164707j:plain

 

サザエさん症候群に悩まされている社畜の皆さんこんにちは。

「会社は最低3年働け」という謎の合言葉が巷でよく聞きますが、

 

私は新卒で入社した会社を半年で辞めちゃいました。テヘペロ

そりゃ、会社の先輩、親、友達には大批判されました。

 

でも今思い返すと早いタイミングで辞めて良かったっと本当に思います。

 

 

退社した理由1:違法超時間労働

新卒で入社した企業は金融機関の営業でした。

朝は7時に出社、夜は22時に退社。

 

土曜はほぼ毎週出社、たまに月に1度は日曜日も出社。

週7日出勤したときもありました。

 

残業代はモチロン0円。ww

これで驚くのはまだ早い!!

 

その会社にはタイムカードという制度はなく。

月末になったら事務員が作成した勤務表にハンコを押すだけ。

 

その勤務表は平日5日の9時〜17時労働で、残業した時間は一切記載されていません。

休日出勤した日も労働時間にまったく換算されていません。

 

初めて勤務表を見たときは目を疑いました。

「これ違法労働ですよね」

っと言い出せる空気感ではありません。

 

遠方のお客様先にところに行くときは帰りは日付が変わるときもありました。

当時の私は月300時間労働でした。

 

月300時間労働でわかったこと

 

月300時間労働で変化したことは3つあります。

 

  1. 人生は仕事が全てだと洗脳される
  2. 休日は何をしていいのかわからなくなる
  3. サザエさんを見る暇もないのでサザエさん症候群にすらならない
人生は仕事が全てだと洗脳される

 

1日の大半を仕事に費やすと睡眠時間も少なくなり、

まともな思考力もなくなります。

 

勤めてる会社はブラック企業なので上司からこんなことを言われます。

「人生は仕事が全てだからもっと働け」

 

睡眠不足でまともな思考力を失った私の脳みそは、

この言葉を額面通りにうけとってしまいます。

 

休日は何をしていいのかわからなくなる

 

これは社畜あるあるの1つです。

普段から仕事しかしていないのでたまの休日は何をしていいのかわからなくなります。

 

そして勝手に月曜日の仕事の予定を考え始めます。

暇さえあれば仕事のことを考え始めるようになっています。

 

サザエさんを見る暇がないのでサザエさん症候群にもならない

 

日曜日も出勤の日があるのでサザエさんを見る暇もないので、

サザエさん症候群になることもありません。

 

ブラック企業の社員として言えるのはサザエさん症候群の人は、

まだ時間にゆとりのある人だと思います。

 

本当にヤバい人はサザエさん症候群になる暇もない人です。

 

退社した理由2:典型的なパワハラ

営業の会社では当たり前ですが数字がでなければ怒号がとぶのは当たり前です。

私は新入社員だったのでパワハラをうけることはありませんでしたが、

 

営業成績の低い先輩社員に対する店長のパワハラを目の当たりにして、

私は退社を決意しました。

 

ここで店長のパワハラ名言集を紹介します。

「お前脳みそ腐ってんのか!!」

「何しに会社来てる。帰れ、辞めろ。」

「お前は何をやってもダメだ。お前に価値はない」

 

人格を否定するような言葉のオンパレード。ww

これを聞いてこの店長の下で働くのは嫌だと思い退社を決意しました。

 

洗脳から目が覚めた瞬間

 

私がブラック企業の洗脳から目が覚めたキッカケは、

休日に大学の友達と飲みに行ったときです。

 

私はそのとき完全にブラック企業に洗脳されていたので、

周りの友達も同じような環境で働いていると思い込んでいました。

 

しかし周りの友達の労働環境はまっったく違っていました。

18時か19時には帰ることができて私生活も充実した日々を過ごしています。

 

友人のの充実した日々の話を聞いているうちに、

人生は仕事が全てだという洗脳から目をさますことができました。

 

辞表を出した日

 

私は退社を決意して同じ支店に配属された同期社員に退社することを

打ち明けることにしました。

 

4人の同期社員に退社することを報告すると、

2人の同期社員が一緒に辞めると申しでてきました。ww

 

つまり私を含め5人の新入社員のうち3人が一斉に退社することになったのです。ww

まぁ、ちょっとしたクーデターになりました。

 

そして3人で店長室に行き退職届を提出。

しかし店長も必死に引き止めてきます。

 

「今、辞めたらもったいない」

早期退職は次の仕事にも影響がでるぞ」

 

退職するときは今後の不安も胸のうちにはありましたが、

このまま働き続けても精神がもたないっと考えていたので、

 

仕事よりも自分の生活の方が大切だと考え引き止めを振り切り、

退社することになりました。

 

会社を辞めてわかったこと

 

会社を辞めてわかったことは、

会社を辞めても何とかなるということです。

 

早期退職すると次の仕事が見つけにくと言われていますが、

そんなことありません実際私は3ヶ月後には再就職することができました。

 

決して待遇の良い企業とは言えませんが、

違法労働はありませんしブラック企業でもありません。

 

もし今これを読んでいる方で私と同じような辛い境遇にいる方がいるのなら、

退職して転職するなり起業することをオススメします。