低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

新卒の会社を半年で辞めて転職エージェントで一発逆転できた

f:id:wakahage_diary:20170605142153p:plain

日本には石の上にも3年という諺があるくらい継続することを美徳としています。

しかしゆとり世代一人っ子育ちの私は新卒で入社した会社をわずか半年で辞めてしまいました。

 

「新卒で入社した会社を半年で辞めたらその後の人生どうなるの?」

 

という質問を周囲の人からされたので退職後の人生を軽く紹介します

 

 

早期退職を決めた理由

f:id:wakahage_diary:20170514164707j:plain

「新入社員の営業成績トップになって、出世頭になる」と目を輝かせて入社した金機関の営業職。

営業職は自分に向いていて、そこそこやりがいを感じていました。

でも次第に自分の心の声が大きく聞こえてきました。

 

「これが本当にやりたい仕事なのかなぁ。」

「毎日同じことの繰り返しで楽しくないなぁ。」

「早く帰りたいなぁ。」

「早く土日にならないかなぁ。」

 

その頃の私はサザエさんを見ればサザエさん症候群になる、

典型的な会社嫌いサラリーマンでした。

自分の仕事に疑問をもち始めたそのころ、

Amazonで見つけたプログラミングの本を買って勉強をしていました。

 

「プログラミング楽しいし、これを仕事にできないかなぁ〜」

 

こんな感じでぼんやり転職を考えていましたが、

「新卒の会社を半年で辞めてたら履歴書に泥を塗ることになる」

「そもそも趣味程度のプログラミングの技術で就職できる訳がない。」

 

↑こんな感じで周囲からはネガティブな意見を散々言われましたが

朝起きて嫌々スーツを着て暗い気持ちを抱えて出社する日々がこのまま一生続くのかと考えたらゾッとしたので、

その日の会社の帰りにコンビニに寄って封筒と紙を買って退職届を書きました。

 

次の日、入社半年で辞めますっと言ったら怒鳴られるのではないかという不安を胸に抱えながら、上司に辞表を提出しました。

 

上司に怒鳴られることはありませんでしたが、半日かけて引き止めてくれました。

(必死になって引き止めてくれたのは正直嬉しかったです。)

 

転職サイトを使って転職活動

そんなこんなで無職になった私は転職サイトを使って転職活動を始めました。

志望していた業界はIT業界。この時私は転職活動を甘く考えていました。

 

「自分はそこそこ営業もできてたし、未経験の業界でも転職活動なんて楽勝でしょう。」←大バカ者

 

新卒の会社を半年で辞めた上に未経験の若造を雇ってくれる企業なんてありません。

見事に面接、書類選考で落とされ続ける毎日。

 

「会社を半年で辞める人を信用できない。」

「その程度のプログラミング知識の人は雇えない。」

 

こんなことも面接でやっきりと言われたこともあります。

 

転職エージェントで一発逆転

f:id:wakahage_diary:20170605142549j:plain

 

豆腐メンタルの私はすっかり心が折れて自宅警備員ニート)に就職しようかと考えているときにネットで見つけたのが第二新卒専用の転職エージェントのサービスでした。

 

一生自宅警備員はさすがにマズイと思い、最後の望みをかけて転職エージェントにさっそく登録しました。その後何度かメールのやりとりがあって転職エージェントと面談することになりました。

 

初めての転職エージェントとの面談ということでかなり緊張していましたが、

実際面談がはじまると気軽に話しをしてくれました。

 

転職活動の状況や目指している業界などについて話をして、

面接のアドバイスそして早期退職の理由の説明の仕方などを教えてくれました。

 

会社を辞めた理由、志望動機などのアドバイスがとても的確。

エージェントいわく、

「転職者には転職者なりの面接、志望動機があり。就職活動と同じような内容、心構えでやってはいつまでも内定を貰えない。」

 

実際、私もエージェントに相談してアピールや説明の仕方が上手くなりました。

転職状況の説明、面接のアドバイスが終わると就職先の案内をしてくれます。

 

転職エージェントを利用すると案内された企業に絶対就職しないといけないと思っている方もいますが、そんなことはありません。

 

案内された企業の面接を受けるか否かを決めるのも自分次第です。

紹介された企業が嫌なら断ることは全然OKです。

 

私は紹介された企業の中に自分とマッチする企業がありそこの企業に履歴書と職務経歴書を送って書類選考を受けることにしました。

 

2日後書類選考通過の連絡があり、1週間後に面接を受けることになりました。

転職エージェントの真骨頂はここからです。

 

なんと面接当日エージェントも面接に同席するのです!!

 

面接官に質問攻めにされるあの空間に自分の隣にエージェント(味方)がいることで、

普段の5倍以上の力が発揮されます。

 

でも基本的には面接中エージェントは黙ったままです。笑

(普段の面接と変わりない。)

 

まぁ横に知り合いがいることの安心感はありました。

面接が終わると私は部屋の外で待機して面接官とエージェントは部屋の中で話をしていました。

 

話が終わり面接官とエージェントが部屋からでてくると私はたまらずエージェントになんの話をしていたか訪ねました。

 

私「何の話をしていました?」

 

エージェント「面接官に西野さんの良さをアピールしてたよ。」

 

基本的には面接が終わるとエージェントが面接では聞けなかったところや、

アピールがいまいちなところをエージェントが伝えてくれます。

 

転職エージェントはすごい

結局、私は転職エージェントが紹介してくれた企業に内定をいただき就職することになりました。見事自宅警備員ニート)卒業です。

 

自分で転職活動していたときは全くダメだったのに、

転職エージェントを利用してから1ヶ月で就職先が決まりました。

(転職エージェントがすごいのか、私がダメすぎるのかは謎)

 

しかも転職エージェントの利用料は無料。

もし今転職活動で上手くいってないのでしたら転職エージェントを使うことを絶対オススメします。

 

転職エージェントは話だけ聞くのもOKです。

意外と敷居が低くて私も驚きました。

 

まぁ世の中なんでも利用した者勝ちですね。