低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

新卒の会社を半年で辞めたけど「リクルートエージェント」でホワイト企業に就職できた

f:id:wakahage_diary:20170609221442p:plain

こんにちは、運動も勉強も仕事もできない西野です。

私は大学卒業までごく普通の人生を過ごしていました。

 

高校時代は部活動に励んで、大学時代はバイトや飲み会でウェイウェイして

どこにでもいる典型的な人生を送っていましたが、ある日転機が訪れました。

 

それは就職です。適当に会社を選んでしまったせいでパワハラあり、長時間労働のありのブラック企業に就職してしまいました。

 

その過酷な環境に耐えられず半年というスピード退社をしました。

 

それまで普通の人生を送っていた私には思いもよらないハプニングでした。

もちろん親もかなり心配させました。

 

でも、転職エージェントのサービスをしている「リクルートエージェント」を利用して、

ホワイト企業に就職することができました。

 

転職サイトで転職活動するが撃沈

まずは新卒会社を辞めてから転職するまでのざっくりとした流れを紹介します。

 

新卒の会社を半年で辞めるというスピード退社をしてから1ヶ月の間はニートをする

 (低能まるだし)

1ヶ月間のニートを終えて、そろそろ転職しようかなっと考える。

転職サイトに登録する。

良さそうな企業を数社見つけてエントリーする

書類選考がほとんど通る(書類選考で落ちたのは1社だけ)

「なんだ転職楽勝やん」っと何の結果も残していないのに天狗になる

ことごとく面接で落とされる

メンタルが崩壊する

リクルートエージェントに登録

あっさり内定を貰う

 

これが私の転職活動のざっくりとした流れです。

 

1人で転職活動して惨敗

f:id:wakahage_diary:20170609221717j:plain

1人で転職サイトに登録して転職活動をしていた時は、

それはそれは目も当てられないぐらい酷かったです。

 

書類選考は通るのですが面接で落とされ続ける。

1次面接すら通らない。

 

この時は自分は社会から必要とされていないっと思い込んで、

軽くうつになっていましたww

 

すがる思いでリクルートエージェントに登録

転職エージェントの存在自体は知っていたものの何か怪しいという、

先入観で転職エージェントを利用するのを避けていました。

 

自分ひとりで転職活動しても、

らちが明かないっと思って転職エージェントを利用することにしました。

 

www.r-agent.com

必要な項目を入力して登録を済ませると、面談の日程を決めるメールが来ました。

何通かメールのやりとりをしてエージェント面談することに、、、

 

「新卒を半年で辞めたことを説教されたらどうしよう」

「幼稚な自己PRをダメだしされ続けたらどうしよう」

 

面談に行く前はかなり緊張していましたが、

実際に面談に行ってみると予想とは違ってめちゃくちゃフレンドリーで、

明るく気さくな雰囲気でした。

 

話の内容としては、

 

  • 現在の転職活動の状況
  • 志望している業界
  • 希望の年収額
  • 残業は何時間までできるか
  • いつから働けるか

 

一通り説明を終えると次は求人先の案内をしてくれます。

その中から自分が面接を選考を受けてみたいと思った企業のみに書類を提出します。

 

紹介された企業は絶対、面接を受ける必要はありません。

面接する企業は自分の意志で決めれます。

 

私が転職エージェントを利用するのをためらっていた理由は、

無理やり面接を受けさせられるかもしれないという不安があったからです。

 

まぁ完全な取り越し苦労でしたがww

 

求人の案内が終わると次は面接の練習をします。

この面接の練習が秀逸でかなり役立ちました。

 

私がしていた面接は大学生のときにやっていた就職活動と同じ面接の内容でした。

自己PR、志望動機など大学生のときとほぼ同じです。(←かなり低能ww)

 

転職エージェントの方に教えられたのが、

 

転職活動には転職活動なりの面接や自己PR、志望動機があり、

新卒のときと同じ内容の面接では絶対内定はもらえない。

 

転職活動に有利な自己PR、志望動機、面接のテクニックなどを

みっちりご指導してもらいました。

 

やっぱりその道のプロの方は違いますね。

もっと早く転職エージェントを利用してアドバイスを受けておくべきだと後悔しました

 

そこまでしてくれるの!?転職エージェント

f:id:wakahage_diary:20170609221844j:plain

2日後転職エージェントからメールがきました。

 

「書類選考通りました。次は面接です。」

 

私は4社書類を出して2社書類選考を通過しました。

転職エージェントのサービスはこれで終わりではありません。

 

なんと、当日の面接に同席してくれるのです。

今まで一人ぼっちでプレッシャーに押し殺されそうなあの空間に、

 

自分を援護してくれる味方がいるっと思うと心強くなりました。

しかし、面接が始まると転職エージェントは黙ったままで、

いつものように私と採用担当の面接官だけが話します。

 

「転職エージェント援護してくれないの?」

 

心の中でそう思いながら、アドバイスをもらった通りに面接をこなしていきます。

結局最後まで転職エージェントは一言も話すことなく面接が終わりました。

 

面接が終わると転職エージェントが重たい口をようやく開きました。

 

転職エージェント:「西野さんは部屋の外で待機しておいて」

 

私は言われるがまま部屋の外で一人で待機。

部屋の中で転職エージェントと採用担当の面接官がなにやら話してます。

 

5分ほどしたら部屋での会話を終えて転職エージェントと採用担当の面接官がでてきました。

その面接の帰り道私は部屋で何を話していたか尋ねました。

 

私:「面接の後、何を話していましたか?」

転職エージェント:「西野さんを猛プッシュしてたんだよ。」

 

そう面接が下手くそな私に変わってアピールできていなかった部分を、

転職エージェントが伝えてくれていたのです。

 

そこまでしてくれたら、、、「惚れてまうやろーーww」

 

結局、その面接をした企業から内定を貰うことができました。

まさかこんなにあっさり内定をいただけるなんて、、、

(今まで自分一人でやっていた転職活動の苦労はなんだったのだろう、)

 

ちなみに面接に転職エージェントが同席できるか否かは、

その日の転職エージェントのスケジュール次第なので、

 

必ず面接に同席できる訳ではないそうです。

あくまで予定が合えば面接に同席するらしいです。

 

今回の転職で私が実感したことは転職エージェントは使わないと損ということ、だって利用料無料ですよ!!

 

一度登録だけしておいて面接のアドバイスや求人の案内だけしてもらうという使い方もOKです。そこで自分の条件と合う求人があれば選考を受ければいいですし、

 

自分の条件に合う求人がなければ選考を受けなければいいだけです。

登録しておいて損することはありません。