低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

社会人1年目に必要なのはコミュニケーション能力でも報連相でもない鈍感力だ!!

f:id:wakahage_diary:20170610163355p:plain

学校を卒業して社会人1年目のみなさん。こんにちは。

仕事の失敗とプレッシャーでいま心折れてないですか?

 

ちなみに私は1年目の時は心が折れまくっていました。

左を見ても右を見てもわからないことだらけ、

 

仕事辛すぎワロタww

 

↑こんな状態になっていないですか?

上司からのプレッシャーでテンパり続ける日々。

そんな新卒1年目のあなたに人生の先輩からアドバイスを送ります。

 

 仕事は失敗して当たり前

はっきり言って仕事は失敗して当たり前です。

私も1年目のときは「なんでこんなにヘマするのだろう」っと悩んでいましたが、

 

1年目で慣れていないから失敗するなんて当たり前です。

むしろ1年目が失敗せずにそつなくこなそうっとしてる方が図々しいのです。

 

それはどの世界でも同じです。

プロ野球選手でもルーキーイヤーが一番エラーが多いものです。

 

1年目のときは失敗して悔やむ必要はありません。

なぜなら、失敗している人は積極的に仕事に取り組んでいるからです。

 

仕事に消極的な人はミスも少ないですが、自分の経験を増やすことができません。

将来的に考えて少々の失敗が許される1年目のときにたくさんの失敗を重ねて、

 

将来的に大きく成長すれば問題ありません。

要はトライ&エラーを繰り返すことが大切です。

(まぁ、エラーする度上司に怒られますがww)

 

必要なのは鈍感力

数年前に話題になった本「鈍感力」。

selfcompass.jp

 

新卒1年目にコミュニケーション能力や報連相なんていりません。

 

鈍感力さえあればOKです。

 

コミュニケーション能力や報連相は仕事をしていれば嫌でも身につきます。

でも、鈍感力は自然には身につきません。

 

だから鈍感力を積極的に自ら身につける必要があるのです。

仕事に失敗したり、上司に怒られるのは1年目だけではありません。

 

2年目も3年目も続いていきます。

失敗する度、上司に説教される度メンタルを崩壊していたらきりがありません。

それにときには理不尽なことで怒られることもあります。

 

失敗して怒られても心の中でこう呟きましょう。

 

「まぁ、別にいいや。次から頑張ろ!!」

 

失敗をいつまでも引きずっていてもいいことは一つもありません。

むしろどんどん精神的にキツくなっていくだけです。

 

失敗してもすぐに気持ちを切り替える。

この鈍感力を早く身につけましょう。

 

辞めるという選択肢も

どうしても会社が辛ければ退職も選択肢の一つです。

 

「石の上にも3年、入社したらとりあえず3年は働け」

 

こんな考えが巷ではびこっていますが、この考えはクソです。

どんな仕事にも向き不向きがあります。

 

向いていなければサクッと辞めるのが一番です。

3年以内に辞めるのは逃げではありません。決断です。

 

辛いと思いながら出社するのは精神衛生上よくありません。

精神面を崩れる前に退社するのが一番です。

 

それに転職は早ければ早いほど有利です。

私も新卒で入社会社を半年で退社しましたが、

 

転職エージェントを使ったら転職することができました。

早期退職しても転職活動を頑張れば再就職することも可能です。

 

www.teinou.com

 

会社で働くという選択肢もある

正社員として会社で働くことに嫌気がしたら、

クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法もあります。

 

クラウドソーシングの最大手のクラウドワークスに登録すれば、

特別なスキルがなくても仕事をして稼ぐことも可能です。

 

www.lancers.jp

 

会社が全てではない

会社で働くことが全てではありません。

クラウドソーシングで生活することも可能ですし、アルバイトで細々と生活することもできます。

周りに流されず自分の生き方を考え直してみてはいかがでしょう。