低能男のたわごと

低能男がばかみたいなことを書いています。

会社の飲み会に参加するのも仕事の内←ふざけるなww

f:id:wakahage_diary:20170611122247p:plain

あなたの会社では強制参加の飲み会はありましたか?

私が働いていた会社ではありました。

 

私は会社の飲み会に嫌々参加していました。

(最終的には飲み会に参加しなくなりましたが、、、)

 

会社の飲み会に参加したくない理由

気をつかう

グラスが空いていたら注文を聞き喫煙者の先輩には灰皿を渡したり、

上司の面白くない話を愛想笑で聞いたり、、、

 

上司に細かな気づかいをしながら飲まなければならないのが本当に嫌。

 

上司に気をつかいながら飲むお酒は美味しく感じないでしょ。

仕事以外でも上司に気をつかわないといけないなんて考えただけでも寒気がします。

 

時間の無駄

「会社の飲み会に参加するもの仕事の内」だと言う人がいますが、

私はこの考えに真っ向から対立します。理由はこんな感じです。

 

  • 飲みに行っても仕事の話しない
  • 仕事の話をしたとしてもそれが仕事に活かされたことがない
  • 仕事の愚痴を言っているだけ
  • 生産性がゼロ

 

私が「会社の飲み会に参加するのも仕事の内」に対して一番理解できないところは、

居酒屋で仕事の話をするくらいなら業務時間内に会社で話しろよw

 

というところです。

結局、飲み会に参加してもグダグダしょーもない話をするだけで時間の無駄です。

 

飽きる

会社で飲み会をすると毎回毎回同じメンツ、しかも毎日8時間同じ人と過ごしている。

こんなに同じ人といたら飽きますよね。

 

しかもする話はほとんど毎回一緒。

もう顔を見るのもうんざりします。

 

プライベートを楽しみたい

飲み会に参加したくないそもそもの理由はプライベートを楽しみたいからです。

だって平日朝から版まで働いて仕事を終えて家に帰って、

 

Youtube見たり、テレビ見たり、漫画読んだりするのが1日の楽しみです。

なのに、会社の飲み会というくだらない恒例行事に参加することでその時間を奪われる

 

これが一番ストレスが溜まります。

仮に会社の飲み会を仕事っとするならその分の給料を支払うべきだと思います。

ゆとり世代育ちの偏見なのでしょうか、、、)

 

飲み会の断り方

私が実践していた会社の飲み会の断り方は正直に言うことです。

あまり直接的だと角が立つので、できるだけオブラートに包みます。

 

「お酒弱くて、好きじゃないです。」

 

これを言えば今の時代無理に飲まさることもないですし、

飲み会にも誘われずらくなります。

 

しかも、いつでも、どこでも、何度でも使うことが可能。

この断り文句は最強です。

 

遅くまでグダグダ飲んでいる上司は仕事ができない

最初の数回は会社の飲み会に参加していたので、

色々観察していました。そこである一つの発見をしました。

 

パッと切り上げて早く帰る上司は仕事ができる

いつまでもグダグダ飲んでいる上司は仕事ができない

 

私の会社では間違いなくこの法則が当てはまっていました。

この法則でいくとそもそも飲み会に参加しない私はとても仕事ができるということになりますww

 

嫌なら素直に断ろう

会社ののみかに参加するのが嫌な人は多いと思います。

私も一番最初断るときは勇気がいりましたが、

 

一度断れば向こうも気づくのでそんなに強くは誘ってこなくなります。

自分を大切にするためにも断る勇気は必要です。